まいづる肉じゃがまつりとは?
おいしい肉じゃがを食べたら、みんなは仲間。
誰でも楽しく元気になります。
発祥の地舞鶴では、まいづるの元祖肉じゃがを食べてまちのみんなが元気になって頂くよう、折に触れておいしい肉じゃがを調理してみなさんに食べて頂くイベントを開催しています。
それが「まいづる肉じゃがまつり」です。

会設立の歴史
平成7年(1995年)春、市内の看板デザイナー・清水孝夫が提唱したのが始まりです。
この年は1月に阪神淡路大震災、オーム真理教の問題が大きくなるなど、市民は不安感をつのらせていました。
こんな時代だからこそ、暗いニュースを吹っ飛ばすような明るく楽しい話題がほしいと、清水は考えました。

実はその数年前から舞鶴の旧海軍施設の図書館にある料理教科書のなかに肉じゃがの作り方が書かれていて、その教科書【海軍厨業管理教科書】は日本中で舞鶴にしか残っていないことが一部の人には知られていたのです。
清水はそのことに注目しました。

肉じゃがは、誰もが知っている、だれもが大好きなおふくろの味です。
気軽に庶民の味を楽しめて、暗いニュースを吹っ飛ばすような楽しくユニークなイベントをやろう。きっとまち中が元気になるにちがいない、と考えたのです。
同時に肉じゃが発祥の地舞鶴を全国に発信していくことでコミュニティの連携感を生み出し、市民の心のフレッシュも図れるのではないか。
清水は肉じゃがで舞鶴の活性化を目指そうと考えました。

若い頃からまちづくりのリーダーとして活動してきた清水は周囲の知人友人に1人ずつ趣旨を説いて回りました。
「おもしろそうだ!」「何か元気になれそうだ」「肉じゃが大好き!」と賛同者が集まりました。
こうして、平成7年6月、約30名の市民有志によってつくられたのが
「まいづる肉じゃがまつり実行委員会」です。

これまでの主な活動

平成11年以降現在まで毎年1回、旧軍港グルメ交流会を四市(舞鶴、呉、横須賀、佐世保)が持ち回りで開催

平成22年11月 まいづる肉じゃがまつり実行委員会設立15周年記念事業の開催
平成22年11月 まいづる肉じゃがマップリニューアル版の作成
平成22年9月 元祖肉じゃがコロッケメーカー「味のちぬや」工場見学実施
平成22年5月 まいづる肉じゃがまつり実行委員会代表 清水孝夫 永眠
平成20年9月 まいづる肉じゃがマップの作成に協力
平成20年9月 元祖肉じゃがコロッケ250万個突破
平成19年10月 旧軍港四市グルメ交流大会を舞鶴が当番市として大阪市で開催
平成18年12月 元祖肉じゃがコロッケを味のちぬやと提携して発売
平成18年10月 全国土地改良大会で肉じゃが提供
平成17年10月 設立10周年記念会の開催
平成16年 月桂冠と提携して「肉じゃがに合うお酒…にごり酒」の提案
平成15年6月 NHKのど自慢に出演し、舞鶴の肉じゃがを全国にPR
平成15年5月 ひるどき日本列島に出演し、肉じゃがのバラエティー料理11種を提案
平成12年~13年 カルビーと提携して「じゃがりこ肉じゃが味」の発売
平成11年10月 NHKテレビドーモくん号の番組に出演
平成11年10月 本会が旧軍港四市グルメ交流大会の呼びかけを行う
第5回赤れんがフェスタin舞鶴会場に旧軍港四市のグルメが初めて集合
平成10年8月 イギリス・ポーツマス市に肉じゃがの里帰りを果たす
ポーツマス市長及び海軍料理長のお墨付きをもって帰国
平成10年11月 (平成9年11月 呉市が肉じゃがの本家を唱え始めた )
呉に殴り込み大作戦
平成7年10月 第2回赤れんがフェスタin舞鶴で初めて元祖肉じゃがを再現
舞鶴が肉じゃが発祥の地であることを世界に宣言
平成7年6月 まいづる肉じゃがまつり実行委員会の結成

会の状況

代表 清水 孝夫 (東郷さんの扮装をした、代表の清水孝夫)
会長 伊庭 節子
料理長 伊庭 節子
事務局長 荒木 宣行
会員数40名
男女比 男性10名 女性30名
年齢層 30代~70代
東郷さんの扮装をした、代表の清水孝夫